スポンサーリンク

今日の二鞍 東京7R、11R

今日の一鞍

今日はダービーですがあくまでも私の狙いはダート戦、
有馬だろうとなんだろうと関係ありませんので宜しくお願いいたします

東京7R チェック5,10,11,13、
この面子ならどうでしょう、セイウンアワードも抜けた馬ではありませんし
クーリュも連闘、リバーカッションも勝つまではという事でここは抜けた馬はいない、展開はちょっと読めないのですが、
この面子なら上りはかかりそう、そこでここ2走狙って前走は道悪で内枠から捌くのを手間取った、
1200で狙っている馬なので1400がどうかですが昨年の4月に東京で惨敗している舞台
この時の敗因が距離かと思っていましたが、どうも中1週が影響していた可能性は高い、昨年の12月に好面子相手にタイム差なしの4着
相手的にも足りる、後は大幅な馬体増減が無ければという事で3度目の正直でリチュアルローズ
対抗に大外なのでおそらく外から出して好位につけれるかと思いますが、2走前のコメント
「出負け、大外ぶん回しで上りの速い展開を良く差して来ていた、ここ2走は休み明けだったので叩いて上向いてきたという事、高速ダートで前が止まらない展開を良く差してきたと言って良い」
前走は上りの速い展開で勝ち馬が強すぎたという事で良い、デザートトリップ

◎11リチュアルローズ
○16デザートトリップ
▲10ブランシュ
△13クーリュ
×6,8,14
単勝 馬単マルチ12点 ワイド11-16

東京11R チェック多数
アディラートも遠征帰りでシュナウザーも休み明けの前走が負け過ぎ、イーグルフェザーや次走の狙いのダンツゴウユウ辺りも終いからですし、タイセイも輸送が絡む
ここはとにかく昇級組が多いですし人気が割れている混戦
出して行く馬も内枠に揃っていますし、ここは流れが速くなる可能性は高い、こういう馬を狙う時は昇級で人気が無い時という事で
新馬戦を並ぶ間もなく差し切って、500万条件を勝った時が上りの速い展開をでブライトンロックに競り勝った、2走前は長期休養明けながら上りの競馬をしっかりと足を使って
前走も展開は向きましたが中団からハイペースを差し切るという王道競馬、2着のパイロキネシストはリヴェルディとも接戦している馬でこの馬も準オープンで通用する素材、
順調に叩いて出て来たと言う事は調子は維持している筈、後は内枠どう捌くか、三浦Jに期待したいと思います、フォーカード

◎2フォーカード
○8ダンツゴウユウ
▲3タイセイパルサー
△7イーグルフェザー
×5,12,16
単勝 馬単マルチ12点 ワイド2-8