スポンサーリンク

今日の二鞍~東京10R、京都12R

今日の一鞍

東京10R チェック5、11
この2頭のチェック馬でいうとレッドサバスが有力かなと、ただ完全終一手で差し切れるかどうかは疑問
ピアシングステアも東京で狙いたい馬ですが極端な競馬しか出来ない馬で、準オープンに上がって今一歩
レッドサバス比較で見てみるとマイネルクラースも前走が今一つ、休み明けは走る馬なので案外復調していないのではと
昇級で人気している馬はチェック馬ではありませんので消し、ビスカリアは前走はデムーロが持ってきたという3着
動かない福永だとどうか、そこでトップハンデですがこの面子ならこの斤量でも上だろうと
東京2100で崩れたのは昨年の不良馬場とオープンに上がってからの今年の5月、前者は崩れたと言っても1着から7着まで
クビ差でひきめし合う混戦で、1着とはコンマ3秒の7着に完全に展開のアヤ、ブリリアントHはかなり面子が揃っていた中で休み明けでコンマ9秒の8着は悪くない
前走もかなり面子が揃っていた中でかなり上がりが速かった、長く良い脚を使う同馬には厳しい展開
ここは適性舞台に戻って勝っている条件、トップハンデでも相手関係的には抜けている筈、メイプルブラザー。

◎2メイプルブラザー
○5レッドサバス
▲11ピアシングステア
△10マイネルクラース
×7.9.13
馬単マルチ2から12点

京都12R チェック4,12,13,14
チェックのコパノキッキングがおそらく逃げ、前走もかなり厳しい展開を逃げて踏ん張ってますので
距離短縮であれば見直せるはず、ただ、ここはそう易々と逃げ切れる面子では無いのも確か、
後ろからになると京都という事もあり相当ペースが速くならないとこのクラスで差し切るというのは
中々敷居が高い、ハットラブ辺りの強烈な脚を持っていれば別ですが、、タガノヴィッターも少し落ちるし
ヤマニンアンプリメも頭で買うのはリスクが、ジープルメリアを取るならタガノヴィッターでしょうし
ここはコパノキッキングを見据えて前で粘れる馬、昨日のステラルーチェを狙った根拠のあるレースで
一番強い競馬をしていた馬、あのレースは言わずと知れたハイレベルレース、
その中でかなり厳しい展開を先行して押し切ったアスタースウィング、前走は坂のある中山で止まったが
あのレースもハイレベル、今回は京都になって状況は一変するはず、前を見据えながら進めれる内枠
狙ってみます。

◎4アスタースウィング
○13タガノヴィッター
▲14ヤマニンアンプリメ
△10アレット
×2,3,12,15