スポンサーリンク

名古屋11R(名古屋GP)

地方競馬

名古屋11R
軽く遊んでみようかなと、グリムが断然1番人気ですが2500Mという距離は未知も未知。
そもそも浦和記念でグリムがオールブラッシュにやられた事は忘れては行けないと思うのですが
地方の馬場で考えるとオールブラッシュが逆転出来た理由は「タフだった」そこではないかなと、
、オールブラッシュを狙った理由がJBCクラッシクはタフもタフで相当レベルが高かった中、意外と踏ん張っていたので
浮上させましたが、レースを良く見てみるともう一頭面白そうな馬が、そのJBCで1枠から中団追走、道中ペースが上がる展開を追いかけて最後は止まっていなかったセンチュリオン。
あの展開を見てみるとオールブラッシュとはそう差は無い筈、浦和記念でオールブラッシュが逆転出来たように地方と中央の適性で言えばグリムより
こちらの方かなと、更に2500Mというコーナー8つをまたぐ特殊なコース、前走のチャンピオンズCは完全に展開不向きでどうしようもない
地方の金沢の長距離でも2着したように長距離適性、タフな競馬は意外と合っているのではと、力的にはグリムが最上位ですが
2500という距離なら分からないという事で、後は復調してきたミツバ、単穴にカツゲキキトキト、チュウワウィザードは走ってみないと分かりませんが
これを取るならグリムかなと。


◎5センチュリオン
〇1ミツバ
▲6カツゲキキトキト
△7グリム
×8チュウワウィザード
3連複5と1から3点 ワイド5-6