スポンサーリンク

インティで見えてきた事

回覧
cartoon lucky horseshoe

今年のフェブラリーS、個人的な馬券は惨敗に終わりましたが
インティは思った以上にタフだったと言う事とインティを囲むダート路線の他馬の能力がここでハッキリして来たかなと思います。
今年のフェブラリーはサクセスエナジーが絡まなかったというのもありますが、スローでインティが思った以上に楽逃げ、3角~4角でペースアップして直線残り200m地点までは猛烈な上がりラップを計測、G1でこのラップが出るのかというくらい猛烈な上がりラップ、残りの100mで止まった分ゴールドドリームに詰め寄られましたが、豊の仕掛けが早かったのか、意図的ななのか、分かりませんが残り400m地点で他馬を千切った脚を見るとやはり相当な加速性能があると、東海Sの脚は間違いなかった、まさに王道競馬だったと思います。
ただ、絡まれるという点では保留で、揉まれたという競馬はここではまだ見れなかった、その辺がこの馬と今後付き合って行く課題でもあり、ポイントでしょうね、現時点ではルヴァンスレーヴの方がまだ上かなと思います、それはやってきたレースの内容が違う、差しても先行しても勝ち切っている加速性能と怯まない馬の気性、そういう面では今ルヴァンスレーヴとやったらどう出るか分からない
フェブラリーもゴールドドリームがもっと絡めばどう出たかわからないレース内容ではありました、ルメールちょっと可愛がりすぎたというのもあるしインティを若干舐めていたというのもあるのかなと思います。
この結果を見て、東海Sのチュウワウィザードなんかは抜群に評価が上がった一頭でもある、オメガより現時点では強いのではないかと思いますしスマハマも今日3着だったユラノト辺りと同等、意外とダート中距離路線はインティ、ルヴァンスレーヴ、チュウワ、ゴールドドリームこの4頭の戦いになっていくのではと、もちろん馬の成長やレースのペースによって変わりますが、絶対的な能力値は現時点ではこうなのなと、物差し的な力関係がハッキリ見えてきた一戦だったのは今年のフェブラリーで感じた事
だだし、インティ、この馬がハイペースで控える競馬が出来れば、とりあえず無敵、今後はどこかでそういう競馬をしてくると思います。
今年のフェブラリーは良い物が見れましたし収穫が多い一戦ではありました。
馬券は惨敗でしたが。。。