スポンサーリンク

東京盃はドリームバレンチノから押さえ的中

地方競馬

ダートを主戦に置いているもんで地方重賞にも視野にいれないとなという訳で
大井の重賞を配信

予想はこちら

大井11R 東京盃

「内枠に入った有力馬3頭、コーリンベリーとノボバカラ、ダノンレジェンド、この3頭の中で速いのはおそらくコーリン、これが逃げてノボが2番手、外から地方のルックスザットキルがコーリンに絡んでいくかどうかは分かりませんが、自滅は避けたいので外から控えるかも、ノボは逃げなくて良いのでコーリンを見ながらの番手、問題は内枠に入ったダノンレジェンド、前走60キロで快勝、普通なら有力ですがこの馬は出遅れ癖がある、前走も若干出遅れましたが相手の弱さに助けられた印象、要は内枠で出遅れたら致命的という馬が今回大井で内枠、1番人気でこの枠はちょっと軽視したい、それでも問答無用で勝たれたら仕方ありません、コーリンは逃げれるかどうかが全て、ただ前走は番手でサッパリ伸びなかったところを見ると調子面でどうなのかという所がある
今回もそこから3カ月の休養明け、適性的には大井外回りはベストで1200も良い、ただ前走を見る限り走ってくるかはゲートが開いてからしか分からない所がある、となるとどんな競馬も出来そうなノボバカラが人気では有力、ダノンが出遅れなければこの2頭のワンツーで決まりそうな気もしまが、それでは面白くない、これらを逆転出来る馬がいるのかという所ですが、地方のルックスザットキルは前走58キロで勝ったのは評価して良い、ただ東京スプリントでは先行有利の流れを我慢しきれなかったところを見るとここではちょっと厳しい、そもそも同型がいるのでこの馬を取るなら人気馬に行きつく、キクノストームは前がぶっ飛ばして最後の100mで差して来るのがこの馬のパターン、大井の1200で差し切るには相当前が流れないと厳しいのではないかと、という訳で勝つには厳しいと思いますが、展開向いての一発があるならこの馬しかいないかと、
前走はベストでは無い距離で3着、忘れてはいけないのが昨年のこのレースの2着で楽に外から差して来たが出遅れなかったダノンに勝たれたというレース、ちなみにあのレースは完全に先行有利のレース、おそらく面子的に去年よりは流れる筈で前がぶっ飛ばして行けばもしかしたら頭までも意識できるかもしれない、高松宮記念や新潟のコース、コーナーで若干緩む展開も得意
昨年同様外枠に入ったので詰まる事は無い筈、後は年齢ですが前走の競馬が出来るのならまだまだ行ける脚は見せていた、鉄砲巧者でもあるドリームバレンチノを」

◎14ドリームバレンチノ
○4ノボバカラ
▲2ダノンレジェンド
△10ルックスザットキル
×3、13

馬券の本線は3連複だったので本線は外れ、ただ少額で馬単を買うとお伝えこれがひっかかり馬単14-3で13000円台、プラチナは無印だったので焦りましたが
コーリンベリーが差してくれて助かった。

単勝を勝っていなかったのが後悔ですが
また頑張ります

〈SPAT画像〉
%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e7%9b%83